メインメニュー
学校紹介
学校評価

2018年12月10日(月曜日)

今日の給食

コッペパン、オーロラチキン、花野菜のごま酢和え

かみかみチップス、牛乳寒、牛乳

今日のサラダには、花野菜が入っていました。

サラダの中の緑色の野菜は、ブロッコリーで、形は同じで、色が違うのがカリフラワーでした。

この二つの野菜は、「花野菜」とも呼ばれます。これは、食べる部分が、ちょうど、花の蕾にあたるからです。

どちらも寒くなるとおいしくなる野菜で、ビタミンCもたっぷり入っています。


2018年12月7日(金曜日)

今日の給食

ごはん、たまごスープ、おからの春巻き

大根とツナのサラダ、チーズ、牛乳

今日の春巻きには、おからが使われていました。

「おから」というのは、大豆から豆腐を作るときに、豆乳を絞ったカスのことです。

おからには、たんぱく質やビタミン、食物繊維、カルシウムがたくさん含まれています。

とてもヘルシーな食べ物なので、最近では、クッキーやケーキにも使われています。

 


2018年12月6日(木曜日)

今日の給食

コッペパン、さつまいものシチュー

シャキシャキハンバーグ、三色サラダ、牛乳

今日のシチューには、さつまいもが入っていました。

さつまいもには、ビタミンCが多くふくまれています。そして、疲れをとる働きのあるビタミンB1も豊富です。

野菜のビタミンは、洗ったり料理をしたりするときに、水に溶けて減っていしまいますが、

いも類のビタミンは加熱しても損失が少なく、焼き芋にしてもほとんど壊れずに残ります。

また、さつまいもは、腸の掃除をしてくれる食物繊維がたっぷり含まれているので、健康にとてもよい食べ物です。


2018年12月5日(水曜日)

今日の給食

もぶりおこわ、白玉団子汁、レバーと大豆のかりんとう、

骨太サラダ、りんご、牛乳

もぶり」というのは、「混ぜる」という意味です。

白ごはんに、味付けしたお肉や野菜などの具を混ぜます。親戚が大勢集まった時などによくつくられた郷土料理です。

今日のもぶりおこわには、にんじん、こんにゃく、ごぼう、椎茸など、季節の野菜も入っていました。

さらに今日は、もち米も混ざっていて、もちもちとした感じのご飯になっていました。

このもち米は、5年生が総合の学習で栽培したものでした。

 

 


2018年12月4日(火曜日)

校内持久走大会

12月4日(火)に、校内持久走大会があり、中学年、低学年、高学年の順に行われました。

天候が心配されましたが、午前中は曇天の中でなんとか実施することができました。

これまで駅伝部や業間練習、家庭での練習などを積み重ねた成果を、全力で出し切っていました。

残念ながら思うような順位やタイムにとどかなかった児童は、来年に向けて更に体力づくりに取り組んでほしいです。

301204_jikyuusou01.jpg 301204_jikyuusou02.jpg 

                                           

301204_jikyuusou18.JPG            

                                           

                                                                

早朝から応援いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

まもり隊の方々には、交通整理でも大変お世話になりました。

                                                                

ご家庭でも、子どもたちの頑張りを褒めてあげて、来年に向けて意欲を高めてもらえたらと思います。


今日の給食

ごはん、水餃子、瀬戸揚げ、

おひたし、牛乳

醤油は、私たちの食事に欠かすことのできない調味料です。

煮物、すまし汁、おひたし、刺身など、数えきれない料理に使われています。

今日の給食では、水餃子、おひたしに使われていました。

みそを作ってしばらく置いておくと、桶の底にみその味がする濃い汁が残ります。

この汁を調味料として使ったのが、醤油の始まりです。

今、私たちが使っている醤油は、戦国時代の終わりごろ、

千葉県の野田というところで作り始めた醤油がもとになっているそうです。


2018年12月3日(月曜日)

今日の給食

コッペパン、ちからうどん、鮭のタルタル焼き、

大根のサラダ、牛乳

お腹がすいてくると、体温が上がらないので、なんだか寒く感じます。

そんな時は、体の中でエネルギーが足りなくなっています。

体のエネルギーになるのが、パン、うどん、ご飯、おもちです。

今日はうどんにおもちを入れて食べました。力がもりもりわいてきます。

でも、野菜もきちんと食べないと、体の中でうまくエネルギーを作ることができません

それどころか、疲れやすい体になってしまいます。

体のエネルギーを満タンにするためにも、好き嫌いせず、よく噛んで食べることが大切です


校内持久走大会について

明日、12月4日(火)午前中に、校内持久走大会が行われます。

今年から、1年生と3年生のコースが変更になります。

(1・2年生が800m、3・4年生が1200mで統一します。)

明日の天気予報は、曇りのち雨で開催が危ぶまれます。(水・木曜日も天候がよくなさそうです)

延期される場合は、7時頃にまちコミメールにてお知らせしますので、ご確認下さい。

もし延期の場合は、水曜日の午前中の授業を行います。(計画帳等で伝えています。)

また、待っている間の防寒着や手袋、汗を処理するためのタオル等の準備をお願いします。

応援に来られる方は、競技中は第2駐車場は出入りできませんので、ご注意下さい。

  【問診票(時間等)】   【コース図】  ※クリックで拡大

monsin.jpg   jikyuusou.jpg

コース内や沿道(児童は左側を走ります)、危険な場所での応援はご遠慮下さい。

子どもたちの安全と競技に集中できるように、ご協力をよろしくお願いします。


2018年11月30日(金曜日)

今日の給食

まこもごはん、けんちん汁、れんこんハンバーグ、

ひじきのごまマヨネーズ和え、紅まどんな、牛乳

今日は、「地産地消 今治ブランド週間」最終日でした。

今日は、紅まどんなについてです。紅まどんなは、愛媛県で作った新しい種類のみかんです。

南香と天草という種類のみかんを掛け合わせてできました。

皮が薄くて柔らかいので、雨にあたらないように袋をかけて大切に作られます。

ゼリーのように柔らかく、のどごしもなめらかなのが特徴です。

 


2018年11月29日(木曜日)

今日の給食

コッペパン、ブロッコリーのクリーム煮、

鶏肉のしそ風味、ほうれん草のサラダ、牛乳

20181129.JPG

地産地消 今治ブランド週間三日目、今日は、地産地消についてです。

地産地消の良いところは3つあります。

その1 旬の野菜や果物を味わうことができます。

その2 生産地から食べる人のところまで、食べ物を運ぶ距離が短いので、

    トラックの燃料が少なくてすみ、省エネにつながります。

その3 食べ物を作った人が分かるので、安心、安全に食べることができる。

ブランド週間も、明日までです。


人形劇「ズッコケ時間漂流記」

11月29日(木)に、全校児童が人形劇「ズッコケ時間漂流記」の鑑劇をしました。

子どもたちが大好きな物語「ズッコケ」シリーズを題材に、川崎市の人形劇団「ひとみ座」が公演してくれました。

人形とは思えないリアルな動きや楽しいストーリー、ロックバンドの演奏に子どもたちも大盛り上がりでした。

歴史上の人物「平賀源内」の登場で、高学年も楽しめるものでした。

5年生は、自分が作った人形劇で歌や踊りで、塾生として劇の一部にも参加して楽しませてくれました。

                                                                

            

301129_1kumi.jpg 301129_2kumi.jpg

301129_3kumi.jpg 301129_4kumi.jpg 

NHK「ひょっこりひょうたん島」でも活躍された劇団だけに、すばらしい人形劇でした。

本物を鑑賞することで、子どもたちの心にも深く残ったと思います。

ご家庭でも、ぜひ劇の感想などを話してもらってください。


2018年11月28日(水曜日)

今日の給食

ごはん、鶏肉のあんかけ丼、れんこんのおろし揚げ

ひじきのサラダ、みかん、牛乳

今治は、鳥生れんこんが有名です。れんこんには、穴が8個から10個くらい開いています。

この穴は、れんこんが成長するために、絶対必要なのです。れんこんは、泥の中でどんどん大きくなります。

泥の中は、空気が薄いので、れんこんが呼吸するために、穴は、空気の通り道になっているのです。

穴が開いていて、「見通しがきく」ということから、れんこんは、縁起の食べ物としても欠かせない食べ物です。

 


2018年11月27日(火曜日)

今日の給食

里芋ごはん、しまなみ豚汁、鯛のレモンソース

ブロッコリーの胡麻和え、牛乳

地産地消というのは、自分たちの住んでいる地域で生産された食べ物を、自分たちで消費することをいいます。

今週は、今治市でとれたものを給食で使う、「地産地消 今治ブランド週間」です。

今日は、大三島漁協共同組合から仕入れたについてです。

愛媛県の魚は、真鯛で、郷土料理にもよく使われています。

大三島の加工場では、皆さんにおいしい魚を提供するために、質の良いものを仕入れて、その日のうちに加工しているそうです。

今日は、レモンソースをかけて、さっぱりとした味付けにされていました。

また、豚汁のだしに、鯛のアラが使用されていました。

 


「小さな親切」運動表彰集会

11月27日(火)に「小さな親切」運動表彰集会を行いました。

全校で長年行っている一円玉募金や空き缶回収、花街道などのボランティア活動が認められました。

また、子どもたちのために活動してくださっている「まもり隊」と「芝生隊」の方々も一緒に表彰されました。

「小さな親切」運動は、東京大学の初代 学長の茅誠司 氏が、55年前の1963年(昭和38年)に東京大学の卒業式で、

「“小さな親切”を、勇気をもってやっていただきたい。そしてそれが、やがては日本の社会の隅々までを埋めつくすであろう親切というなだれの芽としていただきたい。 (中略)その教養を社会人としての生活の中に生かしていくには、やろうとすれば誰でもできる“小さな親切”を絶えず行っていくことが大切です。“小さな親切”はバラバラな知識を融合させる粘着剤の役目を果たすのです」 と語ったことが始まりだそうです。

現在「小さな親切」運動本部は、「小さな親切」を前提とする社会道義の確立に寄与することを目的に、全国33道府県本部、139市町村支部とともに、次世代を担う青少年をはじめ広く国民の間に「小さな親切」の心を育てる様々な活動を行っています。

301127_tiisana1.JPG 301127_tiisana2.JPG 301127_tiisana3.JPG

301127_tiisana4.JPG 301127_tiisana5.JPG(←クリックで拡大)

「小さな親切」運動を広めていくためには、まずは「ありがとう」の言葉を言うことだ大切だそうです。

1年間に1万回(1時間に2〜3回)言っていくと、すばらしい人間になれるそうです。
今回、富田小学校と地域の方々が受賞され、更に「小さな親切」運動や思いやりの心が広まっていってほしいです。


2018年11月25日(日曜日)

日曜参観日・亥の子・もちつき大会

11月25日に、日曜参観日と亥の子・もちつき大会を行いました。

早朝の薄暗い中より、地域・保護者の方々が準備に来てくださいました。

木曜日と土曜日に準備した臼やきね、蒸し器などを手際よく設置していきました。

                                                                

                                                                

参観授業では、普段はなかなか見ていただけない家の人や地域の方々にも参加してもらえました。

                                                                

                                                                

                                                                

                                                                

亥の子祭りでは、全校の歌声に合わせて、5・6年生が元気よく亥の子石をつきました。

                                                                

もちつき大会では、つき手と丸め手に分かれて、どんどんおいしいおもちを作っていきました。

重たい杵とくっつくおもちに大苦戦しながら、作ったおもちを教室で味わっていました。

                                                                

                                                                

                                                                

学校用に大きな鏡餅も作ってくれました。お正月に飾ります。

これだけたくさんの児童や保護者、地域の方々が集まって、もちつき大会ができるのも富田小ならではです!

もち米作りから関わっていただきましたたくさんの方々に感謝しながら、できあがったおもちを食べてほしいです。

参加してくださいました方々、本当にありがとうございました。来年もおいしいおもちが食べられることを期待しています。


2018年11月22日(木曜日)

今日の給食

米粉パン、ポトフ、ひじきハンバーグ、

とら豆のサラダ、フルーツヨーグルト、牛乳

20181122.JPG

今日のサラダの中に入っていたとら豆は、豆の模様がトラのようなので、「虎豆といいます。

主に、北海道で栽培されています。柔らかくて、煮えやすいのが特徴です。

煮豆にすることが多いのですが、今日は11月のピースの日の献立として、サラダに入っていました。


2018年11月21日(水曜日)

今日の給食

ごはん、打ち豆のみそ汁、ホキの南蛮漬け、

小松菜と白菜の和えもの、牛乳

打ち豆」は、愛媛県では珍しい豆なので、知らなかった人も多いと思います。

打ち豆は、大豆です。でも、大豆のように丸くはありません。

大豆をわざと叩いて、つぶしています

こうすることで、短い時間で柔らかくなって食べやすくなっています。

打ち豆は、福井県などの北陸地方の郷土食です。

そんな打ち豆が今日は、みそ汁に入っていました。


2018年11月19日(月曜日)

今日の給食

コッペパン、ビーフストロガノフ、レバーのマーボソース

コーンフレークサラダ、イチゴジャム、牛乳

20181119.JPG

今日は、レバーマーボソースが登場しました。

レバーには、いろいろな栄養がぎっしりつまっています。骨や血や筋肉をつくる、たんぱく質や鉄がたくさんあります。

鉄は、給食でも不足している栄養素です。特に、運動をしている人や、貧血気味の人にとっては、大切な栄養素です。

鉄が足りなくなると、運動しているときに疲れやすくなります。長距離を走るときは、気分が悪くなることもあります。

そんな時には、一口レバーを食べるだけで効果抜群です。


2018年11月16日(金曜日)

今日の給食

麦ごはん、五目豆、鮭のきのこあんかけ、

梅ドレッシングサラダ、ひじきふりかけ、牛乳

ひじきはちょうど今頃、冬から春にかけてでとれます。

瀬戸内海でもたくさん取れるので、海岸にひじきが干してあるのをよく見かけます。

取れたひじきは薄い茶色ですが、ゆでて乾燥すると、だんだん黒くなっていきます。

ひじきには、カルシウムと鉄がとても多く、骨や歯を丈夫にする働きがあります。

今日の給食は、「ひじきのふりかけ」でした。給食では、今治のひじきを使っているそうです。

 


喜田村歩道橋工事について

喜田村歩道橋の工事が、本格的に始まりました。

周囲にフェンス等が取り付けられ、登下校に支障があるようです。

広瀬病院さんのご協力で、歩道橋下を通らずに、敷地内を通り抜けさせてもらえることになりました。

ただし、構内は救急車等が通るので、通行中も注意が必要です。

安全に気をつけて、静かに通らせてもらえたらと思います。

学校でも月曜日に指導しますが、ご家庭でも安全に登下校できるようにお話し下さい。

喜田村歩道橋工事2.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

富田小学校日記のカテゴリー

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 富田小学校