メインメニュー
学校紹介
学校評価

2018年10月16日(火曜日)

今日の給食

ごはん、けんちん汁、豚肉の生姜焼き、

かえりと野菜のレモン和え、牛乳

牛乳は、漢字の通り乳牛の乳を搾ったものです。そのため、季節によって味に違いがあります。

夏の牛乳は、脂肪分が少なく、さらっとしていて、冬の牛乳は、脂肪分が多く、濃厚です。

また、牛乳には骨や歯を丈夫にするカルシウム、体をつくるタンパク質

体を動かすエネルギーとなる炭水化物、体の調子を整えるビタミンなど、多くの栄養素が含まれています。

そんな栄養たっぷりの牛乳は、成長期である小学生にぜひ飲んでほしいので、毎日給食に登場しています。


2018年10月15日(月曜日)

今日の給食

コッペパン、とら豆と鶏肉のトマト煮、大学芋

糸寒天のサラダ、ぶどう、牛乳

さつまいもがおいしい季節がやってきました。

さつまいもを使ったおやつはいろいろありますが、今日は「大学芋」です。

なぜ、この名前がついたかというと、大正時代から昭和のはじめにかけて、

そのころの大学生にとても喜ばれたからだと言われています。

さつまいもは、エネルギー源になるだけでなく、

ビタミンCや食物繊維も多いので、健康的な食べ物です。


2018年10月12日(金曜日)

今日の給食

ごはん、秋野菜の煮物、アジのアングレーズ

梅かつお和え、梨、牛乳

20181012_2.jpg

アングレーズには、二つの意味があります。

一つ目は、クリームソース味の甘いスイーツのことでした。

二つ目は、魚を焼いたり、から揚げにしたりして、甘いソース味に仕上げた料理のことです。

今日の給食に登場していたアングレーズは、アジに片栗粉をまぶして油で揚げ、

ソースのタレをつけ、パン粉がまぶしてありました。

秋野菜の煮物には、栗が入っていました。

今日の給食は秋野菜の煮物や梨など、季節を感じられるメニュ−でした。

 


2018年10月11日(木曜日)

今日の給食

バーガーパン、みそスープ、ひじきとタコのじゃこカツ

コールスローサラダ、レタス、トンカツソース、牛乳

愛媛県の特産品に「じゃこ天」があります。

魚のすり身と野菜を混ぜて、油で揚げたものです。

そのじゃこ天をコロッケのようにしたものが、じゃこカツです。

じゃこ天もじゃこカツも、 「じゃこ」と呼ばれる小さな魚を原料にしています。

給食では、今治で水揚げされた魚「えそ」が使われていました。

今日はタコも入っていました。

今治の海の幸がいっぱい詰まった「じゃこカツ」です。

今日は、パンにはさんでいただきました。


2018年10月10日(水曜日)

今日の給食

玄米ご飯、やながわもどき、さばのごま味噌焼き、

かみかみサラダ、牛乳

20181010.jpg

今日のごはんには、いつもと違ったご飯粒が入っていました。

茶色っぽい、玄米のご飯粒が入っていました。

白いお米は、もともと茶色い殻に包まれており、その殻を取り除いた中の白いものが、

普段食べているごはんで、精白米と呼ばれるものです。

玄米には、体の調子をよくするビタミンや、

骨や歯を丈夫にするカルシウムがたくさん含まれています。


2018年10月9日(火曜日)

今日の給食

ごはん、肉じゃが、カニかま納豆、

かりかりがんも、牛乳

今日のランチタイムニュースは、「ご飯粒」についてでした。

給食のお膳を片付けている様子を見ると、ご飯粒やおかずの残りを食器に残したままで

後片付けしてしまっていることがあります。しかしこれは、とても恥ずかしいことです。

一粒のお米には、七人の神様がいる」と昔から言われてきたくらい、

日本人はお米を大切にしてきました。

また、ご飯粒が残ったまま食器を重ねると、

食器がくっつくので、調理場での食器洗いが大変になってしまいます。

子どもたちとともに お茶碗を空にして後片付けをすることで、

食べ物を大切にしていきたいです。

 


2018年10月5日(金曜日)

今日の給食

ごはん、煮込みおでん、牛肉とピーマンの春巻き、

即席漬け、牛乳

20181005.jpg

今日のランチタイムニュースは、「お箸のマナー」の話でした。

お箸の使い方には、たくさんのマナーがあります。

よくないお箸の使い方として、お箸をペロペロなめる「ねぶりばし」、

器の中を箸でかき回して好きな具があるか探る「さぐりばし」、

今日の給食にも登場している、春巻きやうずらたまごなどに

箸を突きさして食べる「さしばし」などがあります。

また、お箸を持ったまま人を指したり、呼び掛けたりするのは、

とても失礼なこととされています。

子どもたちにも、お箸を正しく、美しく使えるようになってもらいたいです。


2018年10月4日(木曜日)

今日の給食

コッペパン、ナスのミートスパゲティー

グリーンサラダ、ホキのマスタード焼き、牛乳

20181014.jpg

今日のスパゲティーには、おもに5種類の野菜が入っていました。

一人分で60グラムくらいの野菜の量だそうです。

今日のスパゲティーに一番入っている野菜は、なす…ではなく、実は玉ねぎでした。

なすは、一人分が20グラムくらいですが、玉ねぎは、一人分が30グラムくらいあったそうです。

ミートソースは、肉と玉ねぎをじっくりと炒めることで、とてもおいしくなります。

そのほかにも、今日のスパゲティーには、ピーマン、にんじん、マッシュルームが入っていました。


2018年10月3日(水曜日)

今日の給食

ごはん、とりそぼろ汁、ししゃもの磯部揚げ、

豚肉と里芋の炒め煮、豆乳ミルクプリン、牛乳

20181003.jpg

里芋は、「畑いも」などと呼ばれていましたが、いつごろからか、

山にできる「山いも」に対して、里にできる「里いも」と呼ぶようになりました。

里芋は、親いも」から「子いも」、そして「孫いも」とどんどん増えるので、

めでたい食べ物として、お正月のごちそうにも出てきます。

旬の里芋は、今治でたくさん栽培されています。


2018年10月2日(火曜日)

今日の給食

栗ごはん、豆腐ともずく汁、豆たま焼き、

切り干し大根のごま和え、みかん、牛乳

「さるかに合戦」のお話で、

悪いサルをこらしめる正義の味方として活躍するのが、です。

また、昔の侍は、戦いに出かけるときに、「かちぐり」と呼ばれる

干した栗を持っていきました。

栗を持っていると縁起がいいといわれていたからです。

栗には、でんぷんと、ビタミンCがいっぱいです。

食べ物がなくなったときの非常食にもなりました。

愛媛は、伊予市の中山町が、栗の産地として有名です。


2018年10月1日(月曜日)

今日の給食

ブルーベリーパン、パンプキンシチュー、

レバーのバーベキューソース和え、小松菜とコーンのナムル、牛乳

10月10日は、目の愛護デーです。

それにちなんで、今日のパンには、ルーベリーが入っていました。

ブルーベリーには、疲れた目を守る働きがあると言われています。

紫色の色素は、アントシアニンといって、体のいろいろな機能を

高める働きもあります。

そのため、健康食品にもたくさん使われています。

今治では、玉川などで栽培されています。


2018年9月28日(金曜日)

今日の給食

ごはん、ポークビーンズ、揚げだし豆腐のきのこあんかけ

野菜のたらこ和え、牛乳

白くて柔らかい豆腐は、大豆から作られています。

まず、大豆を柔らかく煮て、どろどろにします。

次に、その汁を絞って、固めたものが豆腐です。

大豆が原料なので、筋肉や骨や血を作るたんぱく質や、

カルシウムといった栄養素がいっぱいです。

今日は、そんな豆腐を油で揚げたものに、

きのこの入ったあんかけがかかっていました。

 

 


2018年9月27日(木曜日)

今日の給食

コッペパン、ファイバースープ、スナギモの野菜和え

ホキとマッシュポテト焼き、イチゴジャム・マーガリン、牛乳

20180927.jpg

鶏肉には、ささみ、手羽先、もも肉などの種類があります。

今日の給食に出ている、すなぎもは、その中のひとつです。

スナズリ」と呼ばれることもあります。

焼き鳥で食べるとおいしいですね。

すなぎもの特徴は、、コリコリとした食感です。

また、レバーのように鉄分が豊富なので、貧血気味の人にお勧めです。

給食では、薄く切って、炒めてありました。

 


2018年9月20日(木曜日)

今日の給食

アーモンドトースト、ふわふわスープ、

スタミナサラダ、ぶどう(ピオーネ)、牛乳

20180920.jpg

世界で最も古くから栽培され、最も多く生産されている果物がぶどうです。

そのほとんどが、ワインの原料になりますが、

日本では、果物として食べるぶどうがほとんどです。種類もたくさんあります。

薄い緑色をしたマスカット、黒くて大きな粒の巨峰、紫色で小さな粒のデラウェアなどです。

今日は「ピオーネ」という種類のぶどうでした。

ピオーネは、巨峰に似ていますが、巨峰よりも香りが強いのが特徴です。

 


2018年9月19日(水曜日)

今日の給食

ごはん、マーボー豆腐、ポテトのチーズ焼き、

バンバンジー、牛乳

バンバンジーというのは、

ゆでた鶏肉を醤油、砂糖、ごま油、ねぎ、しょうがなどで

作った「たれ」と混ぜ合わせた中国料理です。

バンバンジーを漢字で書くと、

「棒」と言う漢字二つと、「鶏」と書きます。

鶏肉を柔らかくするために、棒でバンバンたたいたので、

この料理の名前がついたといわれています。

今日のバンバンジーには、きゅうりやもやしなど、野菜もたっぷりでした。


2018年9月18日(火曜日)

今日の給食

わかめ麦ごはん、たこじゃが、サバの香り焼き、

なすの和風サラダ、リンゴゼリー、牛乳

昨日、9月17日は敬老の日でした。

敬老の日は、お世話になってきたお年寄りの方々に感謝し、

長寿を祝う日です。

おじいさんやおばあさんが、子どもの頃の食事は、今と比べると、

ご飯の量が多くて、魚、野菜、豆、おいもが中心のおかずでした。

このような日本の食事を「和食」といいます。

肉や油の量が少ないのに、栄養のバランスがよい食事で、

世界からも注目されています。給食もそんな和食をめざしています。


2018年9月14日(金曜日)

今日の給食

ごはん、里芋の味噌汁、さんまの塩焼き・大根おろし

ひじきのレモン酢和え、りんご、牛乳

20180914.jpg

さんまは、体をつくる赤色の食品の仲間です。

タンパク質や、カルシウムが牛肉の4倍もあります。

それだけでなく、ビタミンBが多いのも特徴です。

ビタミンBは唇が荒れたり、口内炎ん委なりやすい人にお勧めです。

さんまは漢字で「秋」「刀」「魚」と書きます。

文字の通り、さんまがおいしい季節は秋です。

旬の魚をおいしくいただきました。


2018年9月13日(木曜日)

今日の給食

コッペパン、冷やしうどん、とりごぼう天ぷら

かぼちゃの甘煮、フルーツミックス、牛乳

20180913.jpg

ごぼうは、土の中にできます。

土から一気に、ごぼうを抜きあげる様子に例えて、リレーや駅伝などで、

後ろからほかの選手を次々抜き去ることを、「ごぼうぬ」といいます。

でも、土に埋まっているごぼうは、根っこが絡まっているので、

簡単にスルッとは抜けません。「抜く」と言うより、「掘る」作業です。

「ごぼうぬき」は、「抜きにくいごぼうを、一気に抜くことができるほどの力を持っている」、

という意味もあるそうです。今日は、ごぼうを使った天ぷらが登場していました。


2018年9月12日(水曜日)

今日の給食

サイコロステーキチャーハン、ひよこ豆のスープ、

つくねあげ、トマトときゅうりのサラダ、梨、牛乳

きゅうりは、夏が旬です。

旬の時期は、おいしくて栄養も多くて、安いのが特徴です。

でも、きゅうりには、あまり栄養がありません。

栄養がない野菜としてギネスブックに載ったほどです。

それでも、血圧を下げたり、体を冷やしたり、

水分補給になったりする効果があるため、夏野菜の王様です。

きゅうりは、緑がきれいなので、サラダにも欠かせません。

今日の給食のサラダにもきゅうりが登場していました。


2018年9月11日(火曜日)

今日の給食

枝豆ごはん、春雨スープ、ひじきハンバーグ、

海草サラダ、ヨーグルト、牛乳

20180911.jpg

今日の給食にも出ている枝豆は、7月から9月にかけてが旬で、おいしい時期です。

枝豆は、大豆が熟していないもので、栄養も大豆によく似ています。

タンパク質、ビタミンB、食物繊維、カルシウムも豊富です。

中でもビタミンBは、夏バテを予防してくれます。

大豆と枝豆は同じものですが、ひとつだけ違う栄養があり、それがビタミンCです。

枝豆には、ビタミンCがたっぷり含まれています。

朝晩は、過ごしやすい気温になってきましたが、日中はまだまだ暑いです。

運動会練習など、暑い中活動することもあるので、

枝豆などを食べて夏バテを吹き飛ばしましょう。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

富田小学校日記のカテゴリー

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 富田小学校